ブログトップ

くうそうcafe

kuusoucafe.exblog.jp

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ブラームス1番

c0192025_22253341.jpg













今日、わがオケは移動演奏会でした。
私は参加できなかったのですが、きっと素敵な演奏会になったことでしょう。
ということで、ファミリーコンサートのあと、2ヶ月半ほどお休みをしていたのですが、いよいよ復帰ということで、本腰を入れてさらわなければ。
これまでスコアを見ながら聴いてはいたのですが、弾いてみるとさっぱりわからない。
皇帝はともかく、ヘンデルとグレーテルに至っては、曲すら知らず。
本番は11月。
果たしてだいじょうぶなのでしょうか、、、。
[PR]
by na7-ko | 2009-08-23 22:26 | チェロ | Comments(4)

めがね

c0192025_211137100.jpg











ついに「めがね女子」になりました。
最近あんまり目が疲れて肩こりさんなのと、本を読むときに字がぼやけるので
眼科にでかけて処方箋を書いていただきました。
もともと遠視気味だったのだそうです。
初めてのめがね。
たとえそれが○眼でもうれしい!
これで、32分音符でも、トレモロでも、横棒をしっかり数えることが出来ます。

More
[PR]
by na7-ko | 2009-08-21 21:16 | 日々 | Comments(2)

贅沢の極み

c0192025_1954518.jpgc0192025_1955884.jpg







c0192025_19552167.jpg
↑  ↑
こんなのとか、こんなのを、

←こんな手のかかった、でもシンプルな
 お刺身でいただきました。
 


もう先月のことですが、某お寿司屋さんに連れて行っていただきました。
カウンターに座るなり、すごいワインが5本並んで、次々とコルクが抜かれてびっくり。
だって、飲むのは3人。
(途中から私たちだけになったので、ワイン好きの大将も参加。)
そして、こちらの飲み具合、食べ具合を見計らってくださって、ちょうど良いタイミングでお刺身やお寿司が。
これが一流店のサービスなのですね。

ワインは白3本、赤2本を飲み比べ。
年号と葡萄の種類は同じ。醸造家が違うもの。
ドミニク ローラン 初体験!
ラベルの読み方も教えていただきました。
ただし、最後は楽しく盛り上がってただの飲み会と化してしまい、閉店時間を大幅に超過!

こんな贅沢、一生に一度かも。
[PR]
by na7-ko | 2009-08-19 19:58 | おでかけ | Comments(12)

8月の本棚

c0192025_11184798.jpg












夏ですね。暑い。
図書館にも行ってないし、本屋さんでは雑誌ばかり。
お家にある本や、いただいた本を繰り返し読んでいます。

もののはずみ:堀江敏幸
きのうの神様:西川美和
のぼうの城:和田竜
しがみつかない生き方:香山リカ
こんなふうに食べるのが好き:堀井和子
人魚を見た人:洲之内徹
旅するAtoZ:岡尾美代子
[PR]
by na7-ko | 2009-08-18 11:25 | | Comments(0)

いただきもの、たくさん。

c0192025_1054356.jpgc0192025_10544781.jpgc0192025_105574.jpg

c0192025_10563560.jpg


上左:ことしもかわいらしいおしり、たくさん。(山桃だそうです。)

上中:北海道限定 じゃがボックル。噂に違わず、ものすごくおいしい!じゃがりことは違います。




上右:イギリス土産、キャスのバッグとマーマイト。おおお、これがマーマイト!
   パッケージのかわいさから想像すると、チョコレート味だと思うけれど、
   敢えて言うと、お醤油味のコンフィチュールでしょうか?
   いろいろと楽しい使い道がありそう。

下 :ずっと欲しかった、宮沢賢治「雨ニモマケズ」手帳。
   まるで本物みたいです。


どの方も、出かけた先で私のことを思い出してくださったんですね。
心のこもった贈り物、いつもありがとう。
[PR]
by na7-ko | 2009-08-17 18:07 | 日々 | Comments(0)

発表会

c0192025_21394534.jpg設営中。






発表会が終わりました。
今年はレッスンにほとんど行けなかったこともあって、参加するのをやめようかと思っていたのですが、先生がカッチーニの「アヴェマリア」をとってもやさしい曲に(ここが大切!)編曲してくださったので、やっぱり参加させていただくことにしました。
やさしくても、そこはカッチーニ。美しい曲です。
しかし、お客様の涙をしぼるまでには到達しませんでした。
デュエットはしつこくヴィヴァルディの2本のためのコンチェルト。
今回は3楽章。
こちらはやっぱり練習不足だったかなあ。
急遽司会もたのまれて、大忙しだったけれど、楽しい発表会でした。

いつの間にかチェロの生徒さんがたくさん増えていて、しかもすでに経験を積んだ方達や、耳が肥えた方達ばかりで、ずいぶんとレベルの高い発表会でした。
またあしたから、次回にむけて頑張らなくちゃ!
2年後が今からとても楽しみです。

ちょうどその頃。。。。
[PR]
by na7-ko | 2009-08-02 21:54 | チェロ | Comments(3)