ブログトップ

くうそうcafe

kuusoucafe.exblog.jp

カテゴリ:チェロ( 98 )

チューリップ祭

c0192025_2135197.jpg

チューリップ祭で演奏してきました。
仮設の舞台は風で楽譜がひらひらして、エキサイティング。
でも、青空の下で、どこまでも広がるチューリップ畑に囲まれての演奏はとても気持ちよかったです。
演奏後は焼き鳥ややきそば、お味噌汁、地元産のお米で作ったおむすびなど、婦人会の皆様の心のこもった昼食を頂きながらお神楽を観ました。
c0192025_219245.jpg

そして!
おみやげに野菜をいっぱい持たせてくれました。
特に水耕栽培だというレタスがすごくおいしかった。
ありがとうございました。

行き帰り、どこの桜も満開で、なんてすてき!と思いつつも、なんだかちょっぴりせつないような気持ちにも。
ひらひらと散り始めた花びらに、「また来年ね。」と言いました。
[PR]
by na7-ko | 2012-04-08 21:10 | チェロ | Comments(0)

新曲三昧

c0192025_19515969.jpg

ぐっちゃんはまだイチゴ星人。
でぶちんのくせにうめさんを守るために喧嘩して(ばかちん!)、名誉の負傷にて病院通い中。
9.5キロもあるのです!
ありがたいことに抗生物質の注射が効いて、化膿せずにすみそうです。

レッスンの持ち曲は新曲ばかり。
デュポア11番、バッハ無伴奏3番クーラント、ハイドンコンチェルト。
2週間で新曲3曲は無理だと思います。。。。
といいつつ、試験前に掃除を始めたりする「逃げ」の性格は昔からそのままなので、忙しくてもちゃんと練習しています。
でも、さすがに今日は弾けなかった。
自分のミスだからしょうがないけれど、帰宅したのは11時。
あーあ。
[PR]
by na7-ko | 2012-03-31 23:51 | チェロ | Comments(0)

レッスン

c0192025_1822077.jpg

発表会後、はじめてのレッスン。
先生に満足のいく出来でした、と報告。

とはいえ、自分のなかで、音が小さいことや、音がきたないこと、音程が悪いこと等、いろいろ悩むところがあったので、それを正直に話しました。
先生は、何よりも音楽性が大切で、技術や音量は練習に従ってついてくること、そのために頑張る人には一所懸命応援することなどを時間をかけて話してくださいました。
すごくうれしかった。
私に音楽性があるかどうかはともかく、また頑張ろうと思えた時間でした。
そして、今の課題は大人の演奏!
エチュードのように弾くのではなく、自分らしく曲をつくること。
それって恥ずかしいんです、って言ったら、世界に出たら自分をもっと出すことがとても大切で、日本人はそういうところがとても苦手だよね、とのことでした。
わたし、世界にでるのか?
いやいや、そういうことではなく、もっと「音」で表現すること。
もしも解釈が違っていたら、そこはそこは先生が(笑って?)指導してくださる訳で。
もっとおもいきりやってもいいんだな、と思いました。
そのためにも基礎がとても大切なんですね。

無伴奏のキリがついたら、ハイドンのコンチェルトです。
[PR]
by na7-ko | 2012-02-18 18:20 | チェロ | Comments(0)

発表会

c0192025_1743442.jpg

発表会が終わりました。
すばらしく音響のよいこんなホールでソロを弾くなんて、得難い経験!
F姉とA先生に感謝です。
個人的には、作曲をいっぱいしたものの、精一杯弾きました。
でも、さちさんからいただいた動画を観たら、ぜんぜんだめ。
あんなに全力で弾いたのに。
すごくつまんない演奏。
まだまだ修行が必要です。
特に、Mっちの伴奏を四重奏でさせていただいたヴィヴァルディは、お願いだからリベンジさせて。。。

遠くからきてくださった皆様、応援に駆けつけてくれたFさん、
本当にありがとうございました。
また頑張る!
[PR]
by na7-ko | 2012-02-04 17:42 | チェロ | Comments(0)

レッスン

c0192025_14462852.jpg

発表会前の最後のレッスン。
最初の部分が肝心、とみっちり指導をうけるものの、張りのあるしっかりした音で威厳を持って、そしてちょっぴり前のめりで、って言われてもできないんです。
先生が弾いてくださって、どういう音を求めているのかはわかるんですけど。
でもでもでも。
どうしたらそんな音になるのかわからない。
きーっ。
とりあえずの目標は、止まらずに最後まで弾くこと、になりそうです。

ヴィヴァルディの運指、教えてもらいました。
やっぱり親指なんだなあ。。。
[PR]
by na7-ko | 2012-01-21 14:45 | チェロ | Comments(3)

初レッスン

c0192025_21205126.jpg

今日は初レッスン。
ケースを開けたら、C線とG線がゆるゆる。
レッスンの日で良かった。。。
(先生に直してもらいました。)

デュポア9番、最後の重音のメロディは持ち越し。
難しすぎる。
無伴奏はいろいろと曲想をつけていただいて、最後に弾いたときに、音楽の神様が降りてきました。
この演奏が本番っていうことで。
というわけにはいかないですね。
弾き終わったら息が切れるという話をしたら、そのくらい弾かなくちゃだめです、と言われました。
そして、帰って弾いたら、もう神様はお帰りになってました。
がっくり。
[PR]
by na7-ko | 2012-01-07 20:19 | チェロ | Comments(0)

c0192025_1583945.jpg

かぼす酒があんまりおいしいので、来年用に3本追加。

今年最後のレッスン。
久しぶりに音階練習に重音の音階が加わったので、苦戦中。
風邪ひきさんで音程も今ひとつ。
無伴奏3番プレリュードにも苦しんでおります。

先生に「弓がへたってる」と言われ、昨日までそんなことぜんぜん思っていなかったのに、指摘されると急に気になる。
ずっと使っていないカーボンを引っ張りだしてきて弾いてみると、確かにメインの弓はへたってます。
もう1年以上毛換えしてないもんなあ。
でも、楽器屋さんが山の上にお引っ越しして、わたしの運転技術で行けるか、心配なのです。
(住宅街なんですけど。)
今度、先生に連れて行ってもらおう。

F姉の教室の発表会まで、あと1ヶ月とちょっとしかないんですね。
本腰入れて頑張らないと。
[PR]
by na7-ko | 2011-12-17 15:07 | チェロ | Comments(2)

レッスンとアンサンブル

c0192025_21564458.jpg

プレゼントしていただいたストウブ。
24センチ!うれしい。

今日はレッスンとアンサンブル、ダブルヘッダー。
6時間くらい弾きました。

本日の備忘録。
レッスン
 *無伴奏、エチュードのように弾かずにちゃんとフレーズごとにおさめること。
  練習では大げさなくらいにたっぷり。
 *クレッシェンド、デクレッシェンドの弓の位置を意識。
 *親指の重音が続くときは、練習の際に親指だけでまず音を取ってみる。
 *音程。楽譜にしがみつかない。
アンサンブル
 *音量。
 *トップに弓の返しを合わせること。
 *移弦の際、細心の注意を払ってアクセントがつかないように。
 *pになったときにのびないこと。
 *テンポに注意。心の中でちゃんとカウントして。

耳にたこができてるんだけど、弾いてるときは忘れちゃう。
[PR]
by na7-ko | 2011-10-22 21:56 | チェロ | Comments(2)

竹と月夜の調べ

c0192025_19565096.jpg

別府市竹細工伝統産業会館で開催された「竹と月夜の調べ」に出演させていただきました。
竹のあかりの美しいこと!

c0192025_19582150.jpg

c0192025_19591657.jpg


みんな、このあと演奏することを忘れて写真を撮りまくる。
c0192025_2001134.jpg

ちなみに、このかたは軍団三銃士の一人、Mっちです。
(三銃士は白のポロシャツらしい。)

三銃士のもうひとり、軍団のアイドル、もーちゃんが聴きにきてくださいましたが、なんと!抽選会ですごい竹籠をゲット!
なんでも15万円なのだとか。
よかったね。

演奏は、痛恨のミスをいたしました(犯人は私)が、お客様ものりのりで楽しかったです。

もう一つ、個人的にものすごーくうれしかったのは、あの!幻のマフィンをkakoちゃんが差し入れしてくれたこと!

c0192025_2045190.jpg

最高に楽しい夜でした。
セッティングしてくれたTAKEYAちゃん。ありがとう!
[PR]
by na7-ko | 2011-10-15 22:56 | チェロ | Comments(0)

チェロ用カラオケ

c0192025_237592.jpg


レッスンに行ってきました。
エチュードは、思いがけず、デュポア7番終了。
8番はどうにも無理っぽいので飛ばして9番へ。
とてもきれいな曲だけど、6ページもある!

無伴奏を練習していったのだけれど、前回お約束していた、チェロ用伴奏カラオケができていたので、急遽、その中の曲を弾いてみることに。
シンセで多重録音。
全15曲。
なんかすごいことになってます。

とりあえず、すぐに弾けそうな「白鳥」とカッチー二の「アヴェマリア」を。
弾き始めてすぐに「すぐに弾けそうな」なんて言う言葉は撤回。
白鳥だけで1時間近くかかってしまいました。
こんな風に弾く方法もあるけど(弾く人のの好みだけど)、このテンポならこう弾いた方がいいね、とか、ここでクレッシェンドするためには弓の位置は、量は、、、等々、すっごく細かく指導。
おもしろかった!
[PR]
by na7-ko | 2011-10-08 23:05 | チェロ | Comments(0)