ブログトップ

くうそうcafe

kuusoucafe.exblog.jp

カテゴリ:チェロ( 98 )

発表会決定。

c0192025_18144345.jpg熟睡です。
たぶん、ウルトラマンの夢を見てる。









久しぶりにレッスンに行きました。
なんと、8月2日、発表会だそうです!
8月末だと思ってたのでびっくり。。。あと2回しかレッスン受けられない。

今回のソロの曲はとっても簡単、、、なのですが、だからこそきちんと歌いたいと思います。
今日のレッスンはそのための秘策をいくつか教えていただきました。
難しい。全神経を集中して弾かないと。
キーポイントは弓のスピードと左手とのタイミング、そして弾く位置でしょうか。
あと、ちょっとハイポジションになっても、同じ弦で音を取った方が音がなめらか。

先生とのデュオはかなり厳しいです。
でも、まだ1ヶ月ある!自分で選んだ曲だから、がんばらないと。
とにかく、弓を飛ばすこと。くりかえす移弦は指を使って。肘は高い方の音の位置で。無駄な動きをしない。

やけどは、まだ少し赤いホルスタイン柄になってますが、痛みも水ぶくれも全くありません。
ということで、これを理由に練習をさぼることはできなくなりました。
ご心配おかけしました。

More
[PR]
by na7-ko | 2009-06-20 18:13 | チェロ | Comments(6)

ファミリーコンサート

c0192025_14531522.jpg











山本先生をお迎えしてのファミリーコンサート、無事に終わりました。
いや、個人的には無事ではなかったけど、とっても楽しかったです。
「音楽と舞踏」というテーマどおり、「白鳥の湖」では可愛らしいバレリーナが登場して、華やかな演奏会でした。
山本先生もしっかり舞踏してました。

表プルトはもういい。。。
[PR]
by na7-ko | 2009-06-07 23:00 | チェロ | Comments(2)

チェロアンサンブルコンテスト

ただいまー。無事に帰ってきましたよ。
結果は、♯&♭(今回の曲はなんと「おくりびと」!)とともに2位をいただきました!
トップバッターの閑人会のみなさんがとっても腕をあげていてすてきな演奏だったので、入賞するなんて思ってもいなかったから、びっくりです。
1位はJAST(チェロのためのレクイエム)。さすがの演奏でした。
松下先生の軍団への講評では、曲がちょっと簡単だったけど(スカルラッティのグラーベとメヌエット)、しっかりアンサンブルしていました、とのことでした。うれしいな。
初参加の「とっても楽しく〜(長いので以下略させてください)」たちのポニョも楽しかった!



c0192025_22431326.jpgc0192025_22434956.jpg








前夜祭とその2次会。
2次会は例のごとく、グランドホテルで。
今回は「いいな(557)、の部屋」と命名。
557亭主さん、いつもおいしいザッハトルテと(今回は上手く切れました!)ワインとシャンパンをありがとう。
そうそう、てんてんのママからの、おいしいおむすびとお漬け物、焼酎の差し入れもあったのでした。ありがとう、ママ。
冷たいシャンパンを飲みながら、松本さんの発案で、改めての自己紹介と、チェロを始めたきっかけの告白をしたり、松下先生の文楽初演秘話をお聞きしたり。とても楽しい夜でした。
(軍団は和室だったので、ウコンを飲みながら夜中まで修学旅行状態。)


c0192025_22533326.jpgホテルの窓から。
この先にホールとてんてん(前夜祭のお店)があります。







当日は生憎の雨。
朝からステージリハをして、本番は2時からです。
直前まで、控え室ではそれぞれのグループが練習。すごい熱気!


c0192025_22522384.jpgこれは、全部の演奏が終わったあとの、審査中のアンサンブルサロン。








中村さんはじめ、笠岡の皆様、楽しい時間をありがとうございました。
来年は1000チェロだから、コンテストはお休み。
みなさん、広島でお会いしましょう。
その前に大分で、1000チェロin広島のためのチャリティ?をするかも、です。
そのときは、みなさんどうぞいらしてくださいね。

(軍団への業務連絡)
賞品のおいしー「蟹」が届いたら打ち上げです。
(苦しい思いをして焼酎も3本もって帰った。)
いつでも参加できるように、各自スケジュール調整を怠らないように!
特に演奏に参加できなかったメンバーは、打ち上げは必ずくるようにっ!
[PR]
by na7-ko | 2009-05-18 23:21 | チェロ | Comments(13)

アンサンブルコンテスト

c0192025_2122814.jpgうさぎさんが隠れているのが見えますか?
雨の大谷美術館の庭。










いよいよ今年もアンサンブルコンテストが約10日後に迫りました。
それを目標に、久しぶりに毎日きちんと練習しています。
しかし、この1年ほどのブランクは大きいなあ。
音階がぜんぜんだめです。

そして、来年はいよいよ1000チェロ in 広島なのですね。
本番はもちろんですが、公式練習や分奏など、年が明けたら忙しくなりそう。
1000チェロの年は、アンサンブルコンテストはお休み。
その分、今年はしっかり楽しみたいと思います。
[PR]
by na7-ko | 2009-05-05 21:17 | チェロ | Comments(2)

レッスン

c0192025_20202441.jpg




あけみたん改め、梅ちゃんです。
鼻の下に梅干し大のほくろがあるから。
早く仲良しになりたいのですが、野良生活が長いのでなかなか手強い。
後ろの室内で地球を守る猫隊長。


土曜日にレッスンに行きました。
練習してないので
「チェロで遊びにきました。」
と言ったら
「いやです。」
と返されました。わはは。
といいつつ、ヴィヴァルディの2本のチェロのためのコンチェルト 3楽章を一緒に弾きました。
いやはや、弾けないんだけど楽しいです。
そして、ちゃんと弓が飛びます。
なんだか練習しない方がいいのかな、わたし。(そんなわけない。)
でも、一所懸命で余裕がなかったときと比べると、ちょっと発酵していい感じかも。うれしいです。これって本当はよくないことなんでしょうけど、何事も余裕が大切っていうことなのでしょうか。
あと、カッチーニの「アヴェ マリア」をレッスンでみていただいています。
音が切れずに美しく演奏できることが目標。
そして、この曲が大好きな、樹さんに聞いていただきたい。(泣かせます!)

More
[PR]
by na7-ko | 2009-03-12 20:38 | チェロ | Comments(4)

くだものや?

c0192025_14143781.jpg










こんな看板が水仙にうもれて立ってたんですけど、どこにも「くだものや」なるお店は見えず。
いったいなんだったのでしょうか?気になる。

昨日はレッスンへ。
全然練習してなかったので、のんびりと音階や基礎部分を見ていただいたり、カッチーニのアヴェマリアを先生と合奏したり。
先生にしてみれば、練習せずにやってくる生徒は困り者のはずなのに、そんなことは全く顔にも出さず、2時間楽しくチェロを弾かせてくださいました。
(その上、デュポアの2番、終了しました。)
レッスンのあとは、いつもやる気満々なのだけれど、毎日の仕事のあとは、もうぐったりして楽器を出す気がおきません。
先生には申し訳ないけど、こんな調子でも頑張って続けないと。ごめんね、先生。
[PR]
by na7-ko | 2009-02-15 14:36 | チェロ | Comments(0)

レッスン

c0192025_20205545.jpgおかえり〜。
(地球防衛軍ねこ隊による帰宅時チェック。)






今日はレッスン。
音階(Fmoll)、デュポア2番、ボッケリーニコンチェルト3楽章カデンツア。
音階は、ひと弓4オクターブと3度の重音で泣く。6度は大丈夫なのに。
デュポアは、結局1番は挫折。2番からになりました。
エチュードらしい曲。こういうのはちょっと好きです。
ひたすらもくもくと弾くやつ。
ただし、長いので、後半は次回に持ち越し。
ボッケリーニのカデンツアは、まあ、あはは。
弓の使い方や弓順をチェックしていただいて、次回へ。

終了後、めずらしくすぐに次の生徒さんがみえたので、嬉しくなって、聴かせていただく。
チェロをはじめて半年ということですが、弓の軌道がとてもきれいでびっくりしました。
先生の指導を聴いていると、今だからこそわかることがいっぱい。
今までいかに聞き逃してきたことか。
もったいことをしたけれど、でも、10年という時間があるからこそわかることもあると思う。
継続は力なり、は本当ですね。
[PR]
by na7-ko | 2009-01-24 20:17 | チェロ | Comments(0)

発表会

c0192025_2152359.jpg
かあたんが遊んでいるときも、地球防衛軍ねこ隊は休まない。





F姉の発表会で、アンサンブルに参加させていただきました。
1年半ごとの発表会ですが、みなさんとても成長されていて、この間の努力がしのばれます。
今回はソロで弾かなかったので、観客としての立場から思うに、間違っちゃったとか、音を外しちゃったとか、ピアノとずれちゃったとか、みんなとても落ち込んだりするけれど、確かに完璧だったらその方がいいけれど、それよりも、もっと心を揺さぶるもの、「うた」が感じられて、どの演奏もすばらしかった。
プロみたいな完璧な演奏じゃなくても、その時々のレベルなりに人を感動させることは可能だ、ということを、あらためて認識した次第です。
(それは、私にとってすばらしく心強い発見でした。)
なーんて、自分がソロで弾いてたら、きっとうじうじ後悔するに決まってるけど。
次回はまた頑張って、ドキドキしつつも、みんなと同じ土俵に上がらせてもらいたい、と思いました。

ごんだー、遠くからいつもありがとう。楽しかったです。
[PR]
by na7-ko | 2009-01-11 21:03 | チェロ | Comments(2)