ブログトップ

くうそうcafe

kuusoucafe.exblog.jp

びんぼう家の人々

朝起きて、寝ぼけ頭で下へ降りようとしたそのとき、階下から

「もう、うちには食べるものが全然ないの!」

という声が。。。
え、そうなの?うちってそんなに困窮しているの?と急いで降りていくと、そこには、たこちにこんこんと言って聞かせる母の姿が。
食いしん坊のたこちが、朝ご飯が足りなくて、もっともっと、としつこくついてまわるのに閉口した母が、思わず口走った言葉だったのでした。
あー、びっくりした。




c0192025_11595339.jpgたまには贅沢。特上。うしし。
[PR]
by na7-ko | 2009-05-22 17:17 | 日々 | Comments(2)
Commented by ももさん at 2009-05-24 09:36 x
あははは!
ななこ家の窮状?をたこちに分かってもらえたかしら?
「そんなこと言ったってどこかに食べ物があるのは知ってるんだよ!だってウナギとか食べてるしー!」ってすっかりお見通しかも。
Commented by ななこ at 2009-05-24 10:05 x
うなぎはこっそり外で食べたので、たこちは
「今日もななこは外で働いてえらいなあ」
と思っています(はず)。
たびさんもたろさんもうめさんも(まだ外猫。)カリカリしか食べないので、たまに奮発したつもりであけた缶詰は、たこちに行くことになります。
猫缶、犬が食べてもいいのだろうか?
<< のら仕事 チェロアンサンブルコンテスト >>